作品詳細

かかり続けてはいけない病院 助けてくれる病院
1265円
「ドクハラ」され、「がん難民」になって、がんを抱えたまま闘病する患者。医師のすすめで「胃ろう」などの延命のみの治療をされて、”死に時”をあやまった患者は多い。 一方で自宅での死を望む人が増えているが、介護の問題、”死後処理”の問題などで見送る側の本音は「実は迷惑」。 自分の死をプロデュースするための病院や医師の選び方、治療の組み立て方を、「白衣を着ない、がんの名医」が提案する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン