作品詳細

お尋者 物書同心居眠り紋蔵(四)
本編
550円
呉服屋の息子が義父殺しの罪で磔を申し渡され、美貌の内儀が冤罪を晴らしてほしいと助けを求めてきた。自分の手には負えないと断った紋蔵だが、生来の好奇心は抑えきれない。臭う、この事件にはからくりが……。二転、三転の末、行き着いた結末とは? 表題作他全8編を収めた”窓際同心”捕物帖、第4弾!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン