作品詳細

密約 物書同心居眠り紋蔵(三)
本編
594円
長男長女も独立し、のどかに過ごす藤木紋蔵の家へ、近くの長屋に住むいたずら坊主の文吉が、遊びに来たまま居着いてしまった。どうしたものかと思っていたが、手習塾の席書会で、文吉が書いた「へのへのもへじ」が大名家の詐欺事件の解決の手がかりに。いったい、文吉は厄介者か、福の神か。”窓際同心”痛快捕物帖!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン