作品詳細

三浦綾子 電子全集 白き冬日
550円
著者の琴線にふれた短歌を通し、真摯に生きる人間の姿を綴ったエッセイ集。短歌とは生活の中での呻きであり、嘆きであり、喜びである。第1部は、有名・無名を問わず、100以上の短歌を読んで喚起された思いを綴ったエッセイ集。第2部は昭和24年から36年の間に詠んだ、著者自身の241首の短歌集。ふだん短歌になじみのない人も、生きた人間の熱い血や涙、真摯に生きていく姿に共感できる、感動の書。「三浦綾子電子全集」付録として、『旭川アララギ会報』に掲載した短歌鑑賞への批評を収録!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン