作品詳細

三浦綾子 電子全集 残像
550円
良心とは何か?主人公を襲う家庭の崩壊から、どのように心を持つべきかを問う問題作。女性を妊娠させ自殺に追いやる兄、体面だけを気にする教育者の父、何を考えているかわからない母―。そして、その間で悩む主人公・真木弘子。真木家と自殺した女性の西井家を襲う不安と不信が家庭崩壊を起こしていく。醜悪な人間関係の中で良心のあり方、愛することの重みを綴っていく。1973年(昭和48年)にテレビドラマ化され話題となった。「三浦綾子電子全集」付録として、三浦綾子記念文学館初代館長・高野斗志美氏の評論「弘子――『残像』」を収録!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン