作品詳細

東京の副知事になってみたら(小学館101新書)
550円
副知事になった作家、3年に及ぶ格闘の記録2007年6月、石原慎太郎・東京都知事からの「特命」は突然だった。東京が国との間に抱える様々な問題を解決すべく、突破口となる役割を託された作家は、都庁の中で、何を見て何を感じ、どう動いてきたか。作家の想像力が行政に与えた影響とは?都庁で考えた「この国のゆくえ」とは?就任から3年、永田町・霞が関との戦いから都職員との触れ合い、東京発の政策提言に至るまで、縦横無尽に綴る。「東京都は昔から伏魔殿と呼ばれた。そんな形容詞でいかにもおどろおどろしく語るだけなら、何も説明したことにはならない」(プロローグより)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン