作品詳細

「古典部」シリーズ
いまさら翼といわれても
748円
6巻まで配信中
「ちーちゃんの行きそうなところ、知らない?」夏休み初日、折木奉太郎にかかってきた〈古典部〉部員・伊原摩耶花からの電話。合唱祭の本番を前に、ソロパートを任されている千反田えるが姿を消したと言う。千反田は今、どんな思いでどこにいるのか――会場に駆けつけた奉太郎は推理を開始する。千反田の知られざる苦悩が垣間見える表題作ほか、〈古典部〉メンバーの過去と未来が垣間見える、瑞々しくもビターな全6篇。
「古典部」シリーズ
484円
いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される…
「古典部」シリーズ
572円
「わたし、気になります」文化祭に出展するクラス制作…
「古典部」シリーズ
682円
待望の文化祭が始まった。だが折木奉太郎が所属する古…
「古典部」シリーズ
682円
省エネをモットーとする折木奉太郎は〈古典部〉部員・…
「古典部」シリーズ
594円
春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの<古典部>に…
「古典部」シリーズ
748円
「ちーちゃんの行きそうなところ、知らない?」夏休み…

この作品を読んでいる人にオススメ

米澤穂信の他の作品

角川文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン