作品詳細

夜桜乙女捕物帳
夜桜乙女捕物帳 殺し屋
611円
11巻まで配信中
「江戸には《赤蝮》と《黒不動》という二つの殺し屋の組織がある」人殺しの咎で捕らえられた、遠州無宿の時蔵の口から出た言葉は思いもよらぬものだった。娘岡っ引きの乙女は、大身旗本の部屋住みの袴田右近とともに探索をはじめた。
夜桜乙女捕物帳
514円
大店・伊勢屋の主人忠兵衛が、内儀に殺された…ただの…
夜桜乙女捕物帳
514円
米問屋・吉田屋の一番番頭の政吉が、何者かによって刺…
夜桜乙女捕物帳
601円
実父である北町奉行・遠山左衛門尉景元の密命を帯びて…
夜桜乙女捕物帳
601円
町奉行遠山左衛門尉景元の娘である乙女は、「急ぎ来ら…
夜桜乙女捕物帳
601円
痴情の縺れから男二人を殺めた女から、犯科人を落ちの…
夜桜乙女捕物帳
601円
乙女が、斬殺された旗本の過去を調べ始めた矢先に仲間…
夜桜乙女捕物帳
514円
南町奉行の矢部駿河守定謙が罷免された。老中首座の水…
夜桜乙女捕物帳
601円
捧げた乙女の純情を踏みにじられた女が選んだ哀しい道…
夜桜乙女捕物帳
601円
亭主を殺め江戸に逃げてきたお浜は金に困り、途中で道…
夜桜乙女捕物帳
601円
京橋筋にある地本問屋の主・石之助が、店の土蔵の中で…
夜桜乙女捕物帳
611円
「江戸には《赤蝮》と《黒不動》という二つの殺し屋の…

この作品を読んでいる人にオススメ

和久田正明の他の作品

学研M文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン