作品詳細

雨が過ぎても
940円
高校生の高見征一郎は、小説家である久島聖のもとで一年前から居候の身。両親を事故で亡くし、行くあてもなく途方にくれていたところを聖に拾われたのだ。だが、綺麗な容姿に反し口が悪い聖は、傍若無人ながらも征一郎に対してどこか距離をおいている感がある。実は疎まれているのではないかと、征一郎は不安に思い始めていた。けれど征一郎の聖を慕う想いは、いつしか恋心に変わり――。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン