作品詳細

笑う花魁 結わえ師・紋重郎始末記
本編
550円
菊花結び、鶴結び、宝珠結びに五行結び――。あらゆる”結び”から超人的捕縛術までを操る、漢部紋重郎(あやべもんじゅうろう)は、江戸の花街・吉原で仕事をする結師(ゆわえし)である。ある日、金持の座興で花魁を縛るという依頼を受けた紋重郎は、特注の組紐を手に場に臨む。意外な事の成りゆきと、あらゆるものを結び、解く、神業が連続する痛快書下ろし長編時代小説! (講談社文庫)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン