作品詳細

三浦綾子 電子全集 氷点
三浦綾子 電子全集 氷点(下)
540円
2巻まで配信中
本当の人間の美しさとは、優しさとは何か?著者が真正面から問いかける不朽の名作!陽子が実娘を殺した犯人の娘だという事実を知ってしまった夏枝は、陽子にさまざまな冷たい仕打ちを続ける。啓造も夏枝や陽子への気持ちの整理がつかないなか、夏枝と口論になる。それを聞いて事実を知ってしまった兄・徹は、両親に対し、反発するようになる。また、陽子へも複雑な思いを抱いていたが、自制するために友人・北原を陽子に紹介する。しかし、北原と陽子への複雑な嫉妬心から夏枝は、二人に陽子の出生の秘密を話してしまう。何があっても前向きに生きようとする陽子の心がついに凍ってしまい(氷点)、陽子は自殺を図ってしまうのだった。三浦綾子の朝日新聞の懸賞小説当選作であり、デビュー作、代表作の下巻。夫・三浦光世氏による「創作秘話」等を付録として追加。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン