作品詳細

軍鶏侍
遊び奉行―軍鶏侍外伝
836円
7巻まで配信中
「遊び奉行」とは、禄高の割に月に一日の勤めでよいことから裁許奉行に付けられた別称である。藩主の長男ながら側室の子ゆえに、家老家に婿入りした九頭目一亀は、武士には禁じられている園瀬の盆踊りを踊った罪で、その暇な奉行に降格させられた。愚兄と誹られた振る舞いだったが、その陰には乱れた藩政を糺すための遠大な策略が!清冽で痛快な傑作時代小説、大好評「軍鶏侍」シリーズの番外編!
軍鶏侍
605円
闘鶏の美しさに見入られ、そこから必殺剣を編み出した…
軍鶏侍
605円
逆恨みから闇討ちを受け、果たし合いまで申し込まれた…
軍鶏侍
550円
岩倉源太夫の道場で「若軍鶏」と呼ばれる弟子の大村圭…
軍鶏侍
660円
「まさか、市蔵が」忽然と姿を消した岩倉源太夫の次男…
軍鶏侍
660円
軍鶏侍・岩倉源太夫の道場の若き師範代・東野才二郎は…
軍鶏侍
660円
平和な里で突如、花火が鳴り響いた。軍鶏侍・岩倉源太…
軍鶏侍
836円
「遊び奉行」とは、禄高の割に月に一日の勤めでよいこ…

この作品を読んでいる人にオススメ

野口卓の他の作品

祥伝社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン