作品詳細

抗争(小学館101新書)
550円
暴力団はなぜ殺し合うのか2011年8月の島田紳助の芸能界引退や、同年10月の「暴力団排除条例」の施行をきっかけに、暴力団への関心はかつてないほど高まっています。2012年に入っても、指定暴力団のうち、特に凶悪とされる組織を「特定抗争指定暴力団」、「特定危険指定暴力団」に指定するなどの暴対法改正案が通常国会に提出されるなど、依然、国民の関心を引くニュースが続いています。本書は、ベストセラーにもなった『暴力団』の著者・溝口敦氏が、広島代理戦争や、大阪戦争、山一抗争など、ヤクザの歴史を語る上で欠かせない数々の抗争を、その背景となった事件から、当事者・関係者へのインタビューまで詳細かつ多角的に綴ったものです。40年超に渡り暴力団を取材し続けてきた著者でなければ書くことのできなかった内容です。【構成】「第一部 暴力団の戦後史」山口組を中心とした戦後の抗争史を体系的にまとめたもの(大阪戦争、山一抗争、宅見事件など)「第二部 実録ヤクザ外伝」地方で起きた一つ一つの抗争を丹念に掘り起こし、その抗争がその後の暴力団や社会へ与えた影響を考察するもの(広島抗争、沖縄抗争、名古屋抗争など)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン