作品詳細

四十七人の刺客
四十七人の刺客(下)
594円
2巻まで配信中
侍は美しく生き、美しく死ぬもの――。価値ある一生を全うし、侍の本分に殉じるため、四十七人は刺客となる道を選んだ。「決して亡き殿の仇討ちのためではない。相手の命を奪い、家を叩き潰す、これは合戦だ」。大石の言葉に浪士たちの士気は極限にまで高まってゆく。そして元禄十五年十二月十四日、要塞と化した極寒の吉良屋敷に決戦の火蓋は切って落とされた。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン