作品詳細

鉄鼠の檻(3) 【電子百鬼夜行】
本編
524円
「私は半ば望んで壊れたのです」。土牢に閉じこめられていた”あの男”は、久遠寺老人を前にしてそう告白した。ちらつくのは幼女・鈴の影。山内の僧はみな口籠もる。しかも多くを語る間もなく”あの男”もまた撲殺された。犯行の目的は那辺にあるのか。もはやこの事件は、世俗の常識の及ぶところにあらず!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン