作品詳細

王子と呼ぶには野蛮でも
628円
高校生の奏衛は、唯一の肉親である父親が異国の地で亡くなったという知らせを受け取る。突然のことに放心状態に陥っていると、アパートに現れた胡散くさい男によって、拉致同然にお城のような屋敷に連れて行かれる。その男、杉澤右京が言うには、奏衛の父親に多額の金を貸していて、奏衛はその担保らしい。金を返すまで、杉澤の監視のもと、屋敷で暮らすように命じられて―――…。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン