作品詳細

流想十郎蝴蝶剣
蝶と稲妻 流想十郎蝴蝶剣
  • 【期間限定】第1~2巻が 506円⇒253円!10月17日まで
  • 【期間限定】第3~7巻が 550円⇒275円!10月17日まで
  • ※割引となる作品は割引後の金額が表示されていますので、ご確認の上でご購入ください。
275円
7巻まで配信中
大川端に若い女の死体が揚がった。清洲屋とも交流がある商家の娘だった。想十郎は、身投げではなく殺されたのではないかと疑う。少し前、武家の娘も「稲妻返し」という剣を操る賊に襲われ、行方不明となっていた。娘たちの誘拐事件の裏に幕閣内部の策謀があると睨んだ幕府目付から、探索の協力を求められた想十郎は、失脚した父・水野忠邦が会いたがっていると聞かされる。そして新たな誘拐が…。シリーズ第7弾、遂に完結。
完結 角川文庫
流想十郎蝴蝶剣
253円
江戸・本湊町の料亭に用心棒として住み込む流想十郎は…
流想十郎蝴蝶剣
253円
流想十郎が用心棒として住み込んでいる料理屋・清洲屋…
流想十郎蝴蝶剣
275円
大川端の船松町で辻斬りがあった。首を刎ねられ、血を…
流想十郎蝴蝶剣
275円
女剣士が、人違いから想十郎に立ち合いを挑んだ。事情…
流想十郎蝴蝶剣
275円
八丁堀沿いで、目付・柏崎仙右衛門の家臣が居合の手練…
流想十郎蝴蝶剣
275円
大川端で武士団の斬り合いに遭遇した想十郎は、傍観を…
流想十郎蝴蝶剣
275円
大川端に若い女の死体が揚がった。清洲屋とも交流があ…

この作品を読んでいる人にオススメ

鳥羽亮の他の作品

角川文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン