作品詳細

イブは愛する人と
550円
ブレンナ・モーガンはある裁判の陪審員に選ばれた。出産を六週間後に控えているというのに、しばらくは法廷に縛りつけられてしまう。同じく陪審員に選ばれた人の中に、ルーク・ミンティアがいた。著名な下院議員の弟で、卑劣な政治工作をしていたことで有名な男。狡猾であくどいそのやり方のせいで、実の兄にくびにされた男。そして今は……ハンサムでカリスマ性のあるベストセラー作家。彼は持ち前の厚かましさでブレンナに近づき、彼女が結婚しておらず、子供も人工授精で授かったと知ると、相手が妊婦だということをものともせず、あからさまに誘惑し始めた。だが、ブレンナはルークに惹かれつつも、応えることはできなかった。心に残る深い傷跡が、彼女を臆病にし、自分はどんな男性にもふさわしくないと思い込ませていたのだ……。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン