作品詳細

平 清盛
平 清盛 四
1152円
4巻まで配信中
清盛は、日宋貿易を中心とした新たな国づくりを進めていた。1176(安元2)年にライバル・後白河法皇との橋渡し役であった建春門院が亡くなると、清盛は反平家勢力を一掃し、都を福原(神戸)に移す。権勢をほしいままにする清盛の専制は貴族・武士双方の反発を招き、東国では、政子との婚姻を通じて北条氏の後ろ盾を得た源氏の御曹司・頼朝が立ち上がろうとしていた。 シリーズ完結編。
平 清盛
1152円
今からおよそ900年前、混迷を極めた平安末期。この…
平 清盛
1152円
妻・明子の死後も、祇園社の争いや一門の不和などさま…
平 清盛
1152円
保元の乱でその力を世に知らしめた清盛は、1159(…
平 清盛
1152円
清盛は、日宋貿易を中心とした新たな国づくりを進めて…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン