作品詳細

どこかの街の片隅で
1540円
夜が明け、朝が来て、また、いつもの一日が始まる。その何でもない日常に、小さなしみがぽつんと一つ。乱歩賞作家が満を持して放つ「人生の哀感と味わい」10編。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン