作品詳細

ジャズ喫茶「ベイシー」の選択 ぼくとジムランの酒とバラの日々
本編
702円
[音]に取り憑かれた店主が日々、何を考え、寝る間をおしんでどこをいじくり、休みもせず何にいそしんでいるのかがわかる驚愕の一冊。ジャズを知る者は脱帽し、ジャズを知らずとも、その凄さを垣間見て呆気にとられるはず。とにかく[音]一色の人生はハタから見ているに限る!? 作家、高橋克彦氏も絶賛!!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン