作品詳細

ミカドの肖像
1023円
20年前に著者が予見した西武・堤義明氏の蹉跌!第18回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。昭和末日本を騒然とさせた、あの名著がいま甦る。天皇と日本人、伝統とモダン。近代天皇制に織り込まれた記号を、世界を一周する取材で丹念に読み解いた、渾身の力作。プリンスホテルはなぜ旧皇族の土地を次々と取得し、一大グループをつくり上げることが出来たのか。その謎と西武王国・堤家支配の仕組みも解明。なぜ、いま、コクド(旧・国土計画)による西武鉄道支配が問題になってきたのかが手に取るようにわかる。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン