作品詳細

妻は、くノ一
濤の彼方 妻は、くノ一 10
550円
10巻まで配信中
星が降るような夜空の下、織江と初めて出逢ったのは、もう2年近くも前のことだった。長崎へと進む船の上で、彦馬は出逢いの時のこと、そして離れ離れの月日のことを想っていた。諸外国を巡るよう静山から任ぜられた彦馬は、一緒に日本を脱出するため、織江を待ち続ける。だが、織江を狙う黒い影もまた、長崎の地へ向かっていた。さまざまな想いが行き交う彼の地で、最後の戦いが始まる──。「妻は、くノ一」、ついに完結!
妻は、くノ一
550円
平戸藩の御船手方書物天文係の雙星彦馬は、三度の飯よ…
妻は、くノ一
506円
「わしがこの国を開いてやる」江戸藩邸で「甲子夜話」…
妻は、くノ一
506円
元平戸藩主、松浦静山に気に入られ、たびたび下屋敷に…
妻は、くノ一
506円
松浦静山の下屋敷に飯炊き女として潜入した織江は、つ…
妻は、くノ一
550円
ついに織江の正体を知った雙星彦馬。しかし彦馬は、そ…
妻は、くノ一
506円
織江が実の娘であることを知った松浦静山。だが静山は…
妻は、くノ一
506円
夫の彦馬に逢いたい。その想いを抑えられず、お庭番を…
妻は、くノ一
506円
神田明神近く、大通りの外れにいつのまにかできたごく…
妻は、くノ一
506円
度重なる刺客との戦いに、織江は疲れを感じていた。彦…
妻は、くノ一
550円
星が降るような夜空の下、織江と初めて出逢ったのは、…

この作品を読んでいる人にオススメ

風野真知雄の他の作品

角川文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン