作品詳細

十津川警部
阪急電鉄殺人事件
968円
62巻まで配信中
阪急梅田駅では、神戸・宝塚・京都の三路線の列車が同時に発車する。写真家菊地が撮影に来た夜、旧友の木内えりかが六甲駅ホームから転落、死亡した。遺体からは睡眠薬が検出、殺人だった。被害者が自費出版を進めていたと判明した矢先、新たな殺人が! えりかの祖父宏栄は、戦中の阪急顧問弁護士で、社長の小林一三や吉田茂、石原莞爾と交流。大戦末期に和平を訴えて政府を批判し、獄死していた。未刊の本は宏栄についてのものと思われ、十津川はこれこそ事件解決の鍵と睨むが、捜査は思惑を超え、難航した……。
十津川警部
561円
「さくら」の乗客を一人殺す。おれは予告したことは、…
十津川警部
561円
時計会社の社長令嬢・楠木かおりが、人気の欧風列車サ…
十津川警部
517円
深秋の飛騨高山、落葉の中から発見された若い女の絞殺…
十津川警部
506円
日下刑事の妹京子が因島からの帰路、何者かに船から突…
十津川警部
506円
「あいつを殺しに行って来ます」との手紙を残し姿を消…
十津川警部
495円
人気超能力者・田代は、敵対する大学助教授を念力で殺…
十津川警部
495円
自殺を決意した佐々木は東尋坊をその地と定め、スーパ…
十津川警部
495円
東京・多摩川の河原で台湾人男性の殴殺死体が発見され…
十津川警部
495円
プレイボーイの青年実業家・高原雅之が刺殺され、付き…
十津川警部
550円
亀井刑事の姪・女子大生の由紀が無人駅に佇んでいたと…
十津川警部
605円
伊豆下賀茂のテニスコートで、美人プロ選手中野美代子…
十津川警部
605円
女流カメラマン・千沙が古都金沢を撮った初写真集の出…

この作品を読んでいる人にオススメ

西村京太郎の他の作品

祥伝社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン