作品詳細

作家六波羅一輝の推理
秩父夜祭・狼の殺意 作家六波羅一輝の推理
775円
6巻まで配信中
奥秩父山中で、喉に狼らしき咬痕がある女性の刺殺死体が発見された。被害者は、ミステリ作家の六波羅一輝に同行していたカメラマン。一輝たちは、狼信仰に纏わる新興宗教団体を取材していたのだ。警察は捜査を開始するが、第二の殺人が発生し――。秩父夜祭で賑わう街で起きた、殺人連鎖の謎と真相に一輝が挑む。シリーズ第6弾。
完結 中公文庫
作家六波羅一輝の推理
775円
民話の郷・遠野の山奥で死後一年が経過した白骨死体が…
作家六波羅一輝の推理
775円
「ニライカナイ」は海の彼方にあるという楽園か、それ…
作家六波羅一輝の推理
880円
〈わたくしの婚約者が、一条戻橋で鬼に殺されたのです…
作家六波羅一輝の推理
775円
小樽運河に浮かんだ美女の死体。彼女は一年前に自殺し…
作家六波羅一輝の推理
754円
「財産はすべて隠し子にゆずる」。遺言に動揺する名家…
作家六波羅一輝の推理
775円
奥秩父山中で、喉に狼らしき咬痕がある女性の刺殺死体…

この作品を読んでいる人にオススメ

鯨統一郎の他の作品

中公文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン