作品詳細

栄次郎江戸暦
辻斬りの始末 栄次郎江戸暦20
756円
20巻まで配信中
田宮流抜刀術の達人で三味線の名手矢内栄次郎は、二つの事件の真相に迫る!連続辻斬り事件現場で栄次郎が犯人と対峙! 新たな犠牲者の不思議。御徒目付の兄から探索依頼、旗本屋敷で謎の失踪事件!田宮流抜刀術の達人で三味線の名手・矢内栄次郎は、湯島の女坂で、黒い布で顔を隠した賊が、足元に倒れた男に留めを刺そうとしているのに遭遇した。このところ続いている辻斬りであった。一方、御徒目付の兄・栄之進から、旗本屋敷での謎の女中失踪事件の探索を依頼された栄次郎は……。探索を続けていくうち、別々に見えた二つの事件が一つの形にみえはじめてきた。
栄次郎江戸暦
756円
下谷車坂の惣右衛門店に新内語りの春蝶を見舞った時か…
栄次郎江戸暦
756円
剣の要諦はつまるところ敵との間合いにある──それは…
栄次郎江戸暦
756円
剣を抜く前に相手を見切る。それを過てば死――剣のみ…
栄次郎江戸暦
756円
「更けて 待てども 来ぬ人の 訪ずるものは鐘ばかり…
栄次郎江戸暦
756円
愛したのは凶悪の美女。斬って当然だったが、その後の…
栄次郎江戸暦
756円
田宮流抜刀術の達人で三味線の名手矢内栄次郎は致命的…
栄次郎江戸暦
756円
晩秋の神田川左衛門河岸で浪人が斬られ、次いで和泉橋…
栄次郎江戸暦
756円
栄次郎を尾行する女の出現が、連続失踪事件の予兆であ…
栄次郎江戸暦
756円
御徒目付矢内家の次男栄次郎は、田宮流抜刀術の達人で…
栄次郎江戸暦
756円
“恨みは必ず晴らす”という投げ文が、南町奉行所筆頭…
栄次郎江戸暦
756円
一切の気配を断ち迫る秘剣「音無し」とは? 矢内栄次…
栄次郎江戸暦
756円
日本中を震撼させた永代橋崩落から17年後、奇怪な連…

この作品を読んでいる人にオススメ

小杉健治の他の作品

二見時代小説文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン