作品詳細

元禄斬鬼伝
元禄斬鬼伝[4]夜叉
495円
4巻まで配信中
側用人喜多見若狭守は、「生類憐みの令」を笠に着た奸計や将軍綱吉の愛妾を利用して立身出世を企む。若狭守にとって、それに刃向う素浪人鏑木兵庫は公儀の敵も同然だ。腹心によって次々に放たれる魔手に兵庫の斬殺剣が舞う。傑作巨篇完結!
完結
元禄斬鬼伝
440円
元禄六年春の江戸。「助けて」若い武家女が素浪人鏑木…
元禄斬鬼伝
440円
逢魔(おうま)が時、縛られた女を乗せた駕籠(かご)…
元禄斬鬼伝
440円
わがもの顔で犬が歩く。激化する生類憐みの令に人々の…
元禄斬鬼伝
495円
側用人喜多見若狭守は、「生類憐みの令」を笠に着た奸…

この作品を読んでいる人にオススメ

峰隆一郎の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン