作品詳細

忠臣蔵
忠臣蔵[下]
825円
2巻まで配信中
「我ら亡君のお怨みを散ぜんために推参仕った」屋内斬り込み隊はすでに庭の雪を蹴たてて走り出している。十二月十四日寅の上刻、まさに血戦の火蓋は切られようとしていた――五代将軍派対六代将軍派。二大権力闘争の視座から著した国民ロマン!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン