作品詳細

月への階段を上って
660円
オーストラリアの真珠会社で宝飾デザイナーとして働くルビーは、社長ロレンスの突然の死に呆然とし、深い悲しみに暮れていた。彼を父とも慕い、大切な友人と思ってきたから。ロレンスの妻はすでに亡く、ひとり息子のゼインは、九年前に家を飛びだし、今ではロンドンで投資銀行の会長をしている。急ぎ帰郷したゼインの態度は冷たく敵意に満ちていた。明らかにルビーを父親の愛人と見なしている。会社を辞めて疑いの目から逃れよう。そう決心したルビーの望みを、ロレンスの不可解な遺言状が打ちくだいた。会社の株を大量に遺され、ゼインと協力せざるをえなくなったのだ!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン