作品詳細

誕生日のカクテル
648円
バーで一人、カクテルを飲む女性――その寂しげな後ろ姿にリーアム・コンウェイは目をとめた。ふと振り向いた彼女の澄んだグレーの瞳に心を奪われ、リーアムは彼女の隣に座って同じカクテルを注文した。隣に座った見知らぬ男性に声をかけられたアリスは彼に見つめられて体が熱くなるのを感じた。たまにはバーでハンサムな男性とおしゃべりしてもいいんじゃない?まして今日は私の三十歳の誕生日だもの。その夜アリスは、自分でも信じがたいことに、彼と二人タクシーに乗って、家路に就いていた。★お互いに相手が誰なのかも知らないまま恋に落ちた二人。彼らの前途には思いがけない困難が立ちはだかっていました。バーバラ・ハネイが生き生きとした会話で綴る上司と部下の恋物語です。★

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン