作品詳細

吹雪の夜の情熱
540円
イヴはホテルのバーで、ひとりきりのクリスマスを過ごしていた。友人宅へ向かう途中で吹雪に遭い、やむなく宿を取ったのだ。バーテンダーが彼女の前にラム酒を置いた。「あちらの方からです」目を向けると、息をのむほどすてきな男性がほほえんでいた。これは一夜だけの冒険。孤独な女に贈られた、束の間の祝福……。イヴは魔法にかかったように、誘われるまま彼と情熱をともにする。すてきな思い出を胸に、翌朝イヴは眠る彼を残して旅立った。だが大晦日、職場で開かれたパーティで、イヴは呆然とした――握手を求めてきた新たな同僚が、なんとあの夜の、 彼だったのだ!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン