作品詳細

恋するシンデレラ
648円
シンシアはため息をついた。どう断ればいいのかしら?同級生の結婚披露パーティに招待されたものの、エスコートしてくれるボーイフレンドもいなければ、華やかな場にふさわしい外見を繕う自信もない。そんなシンシアを見かねた親友のリサは、上司の建築家マックスを説き伏せ、シンシアのエスコート役に仕立て上げた。パーティ当日、二人が会場に足を踏み入れると、辺りがいっせいにざわついた。嘘でしょう?本当に彼女が、あのみとっもないシンシアなの?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン