作品詳細

月下の華盗人
607円
漆黒のマントと西洋風の仮面で姿を隠し、予告状のとおりに獲物を奪う──怪盗・朱ノ月。若き刑事・一晶は、ある晩、朱ノ月を追う途中で川に落ちたところを彼に助けられ、さらに唇を奪われてしまう。そのまま逃げられ刑事の矜持を傷つけられた一晶は、朱ノ月逮捕に向けてますます熱意を注ぐのだが、なぜかあの夜の唇の感触を消すことができない。そんなとき、居候先の家主であり、尊敬する小説家でもある理人にまで愛を告げられて…?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン