作品詳細

田舎暮らしの鉄人
550円
著者は平成6年3月に、脱サラして田舎暮らしを始めた。当時はそういうことをする人が珍しかったということもあって、新聞やテレビ、雑誌から取材を受け、それがもとで多くの問い合わせを受けている。へんぴな海辺の町や村で、きれいな景色に囲まれ、経済状態は豊かには見えなかったが、それでも明るく、元気いっぱいに暮らしている人々を見て、なんで住みづらい都会にしがみついてなければならないのか、と感じていたという。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン