作品詳細

半七捕物帳
半七捕物帳(六)
550円
6巻まで配信中
欧米の探偵小説に造詣の深かった著者綺堂は、作品の舞台を江戸時代に置き、四十五歳から六十五歳まで、二十年間を費やして本作を書き上げた。“捕物帳の教科書”ともいえる不朽の名作、この六巻でついに完結!
半七捕物帳
550円
岡っ引上がりの半七老人が、若い新聞記者を相手に昔話…
半七捕物帳
550円
ご存じ、半七老人が語る捕物談傑作集。著者綺堂が探偵…
半七捕物帳
550円
歌舞伎を好んだ著者綺堂は、江戸の風土と季節感を巧み…
半七捕物帳
550円
著者綺堂が、長く病床に臥せっていたとき『江戸名所図…
半七捕物帳
550円
半七捕物帳は著者綺堂が、江戸末期の切絵図をはじめ、…
半七捕物帳
550円
欧米の探偵小説に造詣の深かった著者綺堂は、作品の舞…

この作品を読んでいる人にオススメ

岡本綺堂の他の作品

光文社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン