作品詳細

徳川秀忠(電子復刻版)
徳川秀忠<下>(電子復刻版)
594円
3巻まで配信中
将軍職を世襲し、磐石政権を天下に見せつけた秀忠にも、まだ懸念はあった。一つは、父・家康が貿易の利を求めてキリシタン融和策をとったことであり、もう一つは、大坂の豊臣秀頼の存在であった。キリシタンと豊臣家を一挙に抹殺する、これが秀忠の決断であった。異教弾圧には京都所司代が乗りだし、一方、豊臣家取り潰しには、方広与の鐘銘問題が浮上した。時代大作完結篇。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン