作品詳細

シークの口づけ
660円
広い砂漠でたった一人。ダラは途方に暮れた。乗っていた飛行機が墜落し、彼女だけが助かったのだ。なんとかして集落までたどり着かなければ……。――気がつくと、彼女はたくましい腕に抱かれていた。短剣のように鋭い瞳の男性がこちらを見すえている。エキゾチックな風貌、白いローブ、装飾を施した半月刀。前に映画で観たシーンにそっくりだ。たしか砂漠の貴公子が女性をさらい、豪奢なハーレムへと……。ふと目を上げると、贅沢な造りのテントが見えてきた。まさか!?動揺を隠せないダラにシークは告げた。「あらがっても無駄だ。きみはぼくの愛人だと、みなに思われる」★誇り高きプリンスとの冒険、まばゆいばかりの財宝、熱いラブシーン。ひとたびページをめくると、まるでアラビアンナイトのようなロマンあふれる世界をお楽しみいただけます!★

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン