作品詳細

東京焼盡
598円
空襲に明け暮れる太平洋戦争末期の日々を、文学の眼と現実の眼をないまぜつつ的確に綴った日録。記録にして記録にあらず、百鬼園先生の詩精神が随処に横溢する稀有の東京空襲体験記。 292ページ

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン