作品詳細

帰郷 刑事・鳴沢了
838円
話があるんです――父の葬儀の翌日、一人の若者が訪ねてきた。新潟県警鬼の一課長と呼ばれた父にとって唯一の未解決案件を再捜査しろというのだ。奇しくも時効は葬儀の当日であった。遺品の備忘録に綴られる捜査への飽くなき執念、不審な元同僚、犯人と名指しされた男、そして謎の記号――父が遺した事件を追って雪の新潟を鳴沢、疾る! 書き下ろし 361ページ

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン