作品詳細

銭形平次捕物控
銭形平次捕物控 巻二十
374円
20巻まで配信中
「御免」少し職業的に落着き払った声、銭形平次はそれを聞くと、脱いでいた肌(はだ)を入れて、八五郎のガラッ八に目くばせしました。生憎きょうは取次に出てくれる、女房のお静がいなかったのです。「ヘッ、あの声は臍(へそ)から出る声だね」ガラッ八は頸(くび)を縮(すく)めて、ペロリと舌を出しました。「無駄を言わずに取次いでくれ」…お馴染み平次とガラッ八。
銭形平次捕物控
440円
「親分、た、たいへん」と鉄砲玉のように飛び込んでく…
銭形平次捕物控
330円
「私は徹底的に江戸の庶民を描く。とりわけ無辜(むこ…
銭形平次捕物控
440円
「親分、た、たいへん」と鉄砲玉のように飛び込んでく…
銭形平次捕物控
330円
江戸風俗と年中行事、それと切っても切れない捕物帳の…
銭形平次捕物控
440円
呉服問屋貫兵衛の涼み船ではおおはしゃぎ。貫兵衛はこ…
銭形平次捕物控
330円
東海坊という修験者が道灌山に人を集めて「火伏せ」の…
銭形平次捕物控
374円
「親分」「何だ八、また大変の売物でもあるのかい、鼻…
銭形平次捕物控
374円
「親分、変なことがあるんだが――」「お前に言わせる…
銭形平次捕物控
374円
「へッへッ、へッ、へッ、近ごろは暇で暇で困りゃしま…
銭形平次捕物控
374円
「親分、あっしもいよいよ来年は三十ですね」ガラッ八…
銭形平次捕物控
440円
「仏《ほとけ》喜三郎」「桐の極印」「浮世絵師」「お…
銭形平次捕物控
330円
「親分、何をしていなさるんで?」ガラッ八の八五郎は…

この作品を読んでいる人にオススメ

野村胡堂の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン