作品詳細

小料理のどか屋 人情帖
風の二代目 小料理のどか屋 人情帖28
770円
28巻まで配信中
命まで取られねえから、攻めるときは攻めろ。迷いを断って大勝負!のどか屋の千吉は十六歳。顔は幼いが料理は大人の味。惹かれる手伝い娘おように他所から急な縁談が……。迷った末に出した決意は?のどか屋の常連、幕府黒四組のかしら安東満三郎が千吉らの前で言った──。おれも女房に声をかけるとき、迷った末に前へがっと進んだ。おれから声をかけたんだ。習いごとの帰りによくすれ違ってたから。あん時に吹いた風をまだ憶えてる。風が背中を押してくれたような気がした。ここを逃して、そのままべつべつの向きへ歩いて行ったら、もう縁はねえと思った──。本書に登場する小料理・鰯の雪花菜和え ・油揚げのどか丼 ・大根のほっこり蒸し・海老三色煮 ・牡蠣の柚子釜づくり ・金目鯛紅白鍋・寒鰤の味噌照り焼き ・鯖の味噌煮 ・寒鰈の三種盛り ・柿釜
小料理のどか屋 人情帖
770円
わたしはもはや武士ではありません。思うところあって…
小料理のどか屋 人情帖
770円
元は武家だが、わけあって刀を捨て、包丁に持ち替えた…
小料理のどか屋 人情帖
770円
刀を包丁に持ち替えた元武家の料理人時吉の「のどか屋…
小料理のどか屋 人情帖
770円
冬の江戸の町に強風が吹き荒れるなか、神田三河町の茶…
小料理のどか屋 人情帖
770円
江戸の大火で店を消失した「のどか屋」の時吉とおちよ…
小料理のどか屋 人情帖
770円
元武士で刀を包丁に持ち替えた料理人時吉と恋女房おち…
小料理のどか屋 人情帖
770円
刀を包丁に持ち替えた元武士の料理人時吉が大川の土手…
小料理のどか屋 人情帖
770円
武士を捨て料理人となった時吉と女房おちよの店「のど…
小料理のどか屋 人情帖
770円
山間の小藩、大和梨川藩城代組小頭の磯貝徳右衛門は、…
小料理のどか屋 人情帖
770円
男児ばかり連続誘拐(かどわかし)!江戸を騒がす魔の…
小料理のどか屋 人情帖
770円
愛娘と恋女房を残して旅から旅の古参料理人。胸に迫る…
小料理のどか屋 人情帖
770円
大火に逃げ惑う人々。でも人の情がある限り江戸の町は…

この作品を読んでいる人にオススメ

倉阪鬼一郎の他の作品

二見時代小説文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン