作品詳細

「不安の壺の栓」を沈めた子連れ再婚主婦の「修羅の家」(黒い報告書)
110円
バツイチで子連れの育子は、12歳年下の啓輔と再婚した。長男が生まれて4年、夫は暴力を振るい、泥酔しては離婚を迫るようになる。育子は夫の理不尽に耐えていたが……シリーズ「黒い報告書」。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン