作品詳細

橋廻り同心・平七郎控
蚊遣り火―橋廻り同心・平七郎控
550円
7巻まで配信中
江戸の夏の風物詩――杉の青葉などをいぶして蚊を追い払う蚊遣り火。それを庭で焚く女の姿を、松幡橋の袂からじっと見つめる若い男がいた。前夜、橋向こうの小間物屋の主が殺された。やがて、二人の悲恋が明らかになると同時に、新たな疑惑が…。平七郎の絶妙人情裁きやいかに!
橋廻り同心・平七郎控
550円
永代橋――桜の季節、愛しい男を待って橋の袂に佇む女…
橋廻り同心・平七郎控
495円
弾正(だんじょう)橋―生き別れになった母への切ない…
橋廻り同心・平七郎控
495円
雲母(きらず)橋―叶わぬ恋と一度はあきらめた男と再…
橋廻り同心・平七郎控
550円
新大橋――男に裏切られた女を包む涙雨、赤羽橋――水…
橋廻り同心・平七郎控
550円
吾妻橋―忠義のため、惚れた女房を苦界に沈めた男。弁…
橋廻り同心・平七郎控
550円
「すべての人がどう言おうと、私だけは信じてあげたい…
橋廻り同心・平七郎控
550円
江戸の夏の風物詩――杉の青葉などをいぶして蚊を追い…

この作品を読んでいる人にオススメ

藤原緋沙子の他の作品

祥伝社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン