作品詳細

飛鳥の謎
506円
大和三山(天香具山、畝傍山、耳成山)を背後に、高松塚はじめ古墳や宮都跡が多く、古代ロマンに満ちた日本史の故郷・飛鳥。河内王朝の後を継いだ継体天皇は、なぜ20年の歳月をかけて各地を転々とした後、晩年になって農耕にも適さない狼がうろつく辺鄙で不毛の地であった飛鳥に王宮を作ったのか? その理由は、天皇を支えてスピード出世した蘇我氏がその地質学的長所を知っていたからだった。古代の黄金「朱」を鍵に飛鳥宮の謎を解きつつ、さらには“飛鳥時代=蘇我時代”とも言われた蘇我氏を滅ぼす「大化の改新」の中心人物となった、中大兄皇子と藤原鎌足による皇室実権を握る謀略など、日本史の謎に迫る! 初めて明かされる飛鳥時代の意外史。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン