作品詳細

蛇目孫四郎
蛇目孫四郎斬刃帖首切り
550円
7巻まで配信中
八月の暑い盛り、蛇目孫四郎は神田明神境内の水茶屋にいた。眼前で町人の背中を斬りつけた浪人の両手首を、思わず抜き打ちで薙いで斬り落とした孫四郎だったが、町人は「イタバシテンジュ」と呟いて事切れる。孫四郎は、中野石翁の命を受け、事件の真相を追い始める!
蛇目孫四郎
550円
文政9年の春、大川の百本杭に若い女の死体が浮いた。…
蛇目孫四郎
550円
蛇目孫四郎は、向島にある中野播磨守清茂の広大な屋敷…
蛇目孫四郎
550円
江戸向島の中野播磨守清茂・中野石翁の屋敷内にある剣…
蛇目孫四郎
550円
蛇目孫四郎のもとに、四谷鮫ヶ橋坂下の空き地で二つの…
蛇目孫四郎
550円
蛇目孫四郎は、二年ぶりに江戸に足を踏み入れた。ある…
蛇目孫四郎
550円
泰平に馴れきった世の続く文政十年、孫四郎は女の家か…
蛇目孫四郎
550円
八月の暑い盛り、蛇目孫四郎は神田明神境内の水茶屋に…

この作品を読んでいる人にオススメ

峰隆一郎の他の作品

双葉文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン