作品詳細

怨殺斜面
440円
「岳沢に張ったテントの中に死体が」――登山者からの通報に豊科署の道原刑事が出動する。死者は他殺と断定されたが、身元は不明。発見者にも心当たりはないという。都会の塵にまみれた人間が持ち込む犯罪で、清浄な山がまた穢されていく。やり切れぬ想いを胸に、東京、横浜へと道原の足の捜査が始まった。長編山岳ミステリー。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン