作品詳細

水滸伝
水滸伝 十九 旌旗の章
463円
19巻まで配信中
最終決戦の秋(とき)が訪れる。童貫(どうかん)はその存在の全てを懸けて総攻撃を仕掛けてきた。梁山泊は宋江(そうこう)自らが出陣して迎え撃つ。一方、流花寨(りゅうかさい)にも趙安(ちょうあん)が進攻し、花栄(かえい)が死力を尽くし防戦していた。壮絶な闘いによって同志が次々と戦死していく中、遂に童貫の首を取る好機が訪れる。史進(ししん)と楊令(ようれい)は、童貫に向かって流星の如く駈けた。この国に光は射すのか。漢(おとこ)たちの志は民を救えるのか。北方水滸、永遠の最終巻。
水滸伝
463円
十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のために国は乱…
水滸伝
463円
梁山湖(りょうざんこ)に浮かぶ天然の寨(さい)には…
水滸伝
463円
楊志(ようし)は盗賊に襲われた村に遭遇する。人々は…
水滸伝
463円
馬桂(ばけい)は愛娘を殺され、悲嘆にくれていた。青…
水滸伝
463円
宋江(そうこう)の居場所が青蓮寺(せいれんじ)に発…
水滸伝
463円
楊志(ようし)を失った梁山泊(りょうざんぱく)は、…
水滸伝
463円
聞煥章(ぶんかんしょう)が宋江(そうこう)の居場所…
水滸伝
463円
解珍(かいちん)・解宝(かいほう)父子は、祝家荘に…
水滸伝
463円
死んだはずの妻、張藍(ちょうらん)が生きている。そ…
水滸伝
463円
官はついに地方軍の切り札・代州の呼延灼(こえんしゃ…
水滸伝
463円
梁山泊の頭領の対立が深刻化していた。兵力をもっと蓄…
水滸伝
463円
青蓮寺(せいれんじ)は執拗に闇塩の道の探索を続け、…

この作品を読んでいる人にオススメ

北方謙三の他の作品

集英社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン