作品詳細

QED
QED ~ortus~ 白山の頻闇
770円
21巻まで配信中
棚橋奈々は妹・沙織の新居を訪れるべく、桑原崇と金沢へ向かっていた。白山神社の総本宮白山ひめ神社を参拝した二人は、殺人事件に巻き込まれる。手取川で見つかった首なし死体、上流で昏倒していた男、現場から走り去った女。すべてがひとつに繋がるとき、白山の謎も明らかに! 大学一年生の奈々が吉原を訪れ、崇の博覧強記ぶりを目の当たりにする「江戸の弥生闇」も収録。
QED
715円
百人一首カルタのコレクターとして有名な、会社社長・…
QED
770円
「七福神は呪われている」明邦大学を震撼させた連続怪…
QED
550円
シャーロキアンのクラブ「ベイカー・ストリート・スモ…
QED
660円
「三十六歌仙絵」を狙った連続強盗殺人事件が発生。不…
QED
385円
「陰陽師の末裔」弓削家の当主、清隆が密室で変死体と…
QED
715円
「鷹群山の笹姫様は……滑って転んで裏庭の、竹の林で…
QED
715円
高知の山深く、平家の落人伝説が残る蝶ヶ谷村。土砂崩…
QED
550円
「神は三種類に分類される。まず第一が、大自然。次は…
QED
660円
桃太郎の鬼退治は、曇りなき善行だったのか?岡山・吉…
QED
550円
人には言えないある理由から、故郷・熊野を捨てた26…
QED
715円
毒草師を名乗る男・御名形史紋と熊野で出会った薬剤師…
QED
605円
靖國神社を皮切りに、築土神社、神田明神、首塚、兜神…

この作品を読んでいる人にオススメ

高田崇史の他の作品

同じ雑誌の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン