作品詳細

Vの悲劇
550円
スケッチ旅行といつわって親友の夫と逢瀬を重ねる女流画家・安津子。日光霧降高原のコテージで待っているはずの彼は、クロゼットで冷たくなっていた。「V」ヴォラージュのかすかな香りを残して。だが安津子にはこの香りに幼い日に出会った記憶があるのだ。ブラックユーモアの名手が挑む本格長編推理作品。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン