作品詳細

御宿かわせみ
「御宿かわせみ」ミステリ傑作選
739円
35巻まで配信中
「御宿かわせみ」は江戸人情だけじゃない、ミステリも侮れない!これまで発表された全作品の中から、ミステリとしても秀逸な作品を厳選してお届けします。物理トリックに心理トリック、フーダニットにホワイダニット……。「御宿かわせみ」には、びっくりするほど秀逸なミステリ作品が多い。書評家・大矢博子が悩みに悩んで7作品を厳選しました。巻末には著者に創作の裏話を語ってもらったインタビューも掲載した、読み応えたっぷりの一冊です。【収録作品】倉の中(『御宿かわせみ』所収)風鈴が切れた(『水郷から来た女』所収)藤屋の火事(『白萩屋敷の月』所収)矢大臣殺し(『雨月』所収)残月(『かくれんぼ』所収)三日月紋の印籠(『佐助の牡丹』所収)築地居留地の事件(『新・御宿かわせみ』所収)
御宿かわせみ
570円
江戸情緒をたたえた捕物帳でロングセラーとなった、人…
御宿かわせみ
589円
他人の関係でなくなってから幾月が流れたか。小さな宿…
御宿かわせみ
600円
梅雨の晴れ間の午下り、両替商のひとり息子が身代金目…
御宿かわせみ
540円
品川の廻船問屋に押し込みが入り、乳母の看病にきてい…
御宿かわせみ
519円
「世の中には馬鹿な奴が居りますもんで」と、一杯入っ…
御宿かわせみ
500円
本所で「狐の嫁入り」騒ぎが頻々とおきている。花嫁行…
御宿かわせみ
519円
小川のほとりで酸漿(ほおずき)を鳴らす娘は別れた母…
御宿かわせみ
540円
兄・神林通之進の使で、旗本・青江但馬の別宅、根岸の…
御宿かわせみ
559円
商用で江戸へ来た男が大金を持って次々と姿を消す。事…
御宿かわせみ
540円
正月の閻魔堂の縁日で、浅草寺はたいへんな人出だ。そ…
御宿かわせみ
519円
二十六日の月の出を待ち、一句ひねろうと出かけた俳諧…
御宿かわせみ
540円
江戸市中では押込みが続発していた。共通点は盗まれた…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

文春文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン